こんにちは。
立川、昭島の

自分発見占いセラピスト

城戸佳織です。

 

手相講座の生徒さんに宿題を出しているのですが、

興味深いご家族の手相写真をご提供いただきました。


強運の手相左

強運の手相右

まあ、なーんてふっくらしているんでしょう!

手のひら全体がやわらかく、ふっくらしている人は、

ガマンしているのではなく、自分自身の気持ち、能力を出せている人。

 

波瀾万丈のマスカケ、自己主張が強い運命線。

リア充線、生命線も描いたようにくっきり。

基本線の濃さから、この人自身に備わっているパワフルさが痛いほど伝わってきます。

 

面白いのが、左右の財運線が全く違うこと。

財運線とは、小指の下のタテの線。

 

濃くまっすぐ → 安定した収入が得られる、金運良好

薄い線がまばらにある → お金が入ってくるけど、出ていくことも多い。ザル状態。

 

この人の財運線は、左手が濃くて、右手が薄い線がまばら。

あれ、金運がいいの?悪いの?

 

お話を聴くと、浪費癖があってさんざんカードで買い物して、貯金も底をついたとのこと。

しかし娘さんによってカードの過払いが発覚して、見事に返ってきた!

という強運の持ち主でした。

 

悪い線があっても、他の線がしっかりしていれば、カバーしてくれます。

頭脳線が頼りなくて判断を誤る人でも、人に助けてもらえる線があったら何とかしてもらえたりします。

 

なので手相鑑定は、

線の1本を見ていい、悪いではなく、

全体の手相を見ることが大事なんですね。

 

この線良くないのではないか?

仕事を軌道に乗せたいのにうまくいかない・・・。

お悩みのあなたは、手相、インナーチャイルドカードで色んな角度から見るセッションがおススメです。

 


 

 

お申し込みはこちら!

またはLINE@で「セッション希望」とご連絡ください。

 



LINE@

登録して頂いた方には、仕事運、金運、恋愛運、家庭運の中から
1つだけ選んで無料でタロットで占います
↓をクリック
https://line.me/R/ti/p/%40srz9352h
友だち追加